ふがふがれすきゅーくらぶスタッフから皆さんへのお知らせです。
【フーコ14号について】
ふがれすの里親募集中をご覧いただいている皆さんは4月3日に保護されて以来ずっと「様子見、保留」になっている
「フー子14号」にお気づきでしょうか?
彼女は千葉のセンターに収容されました。一部ネット上でも話題になっていたようですが、残念ながら引き取り希望、里親希望のいづれの声もかからないままセンターからふがれすに連絡がきて、健康上も問題ない、とのことで引取りを予定していました。
ちょうど「フレ吉15号」の通院が週1から間を空けて2週に1回になった頃でした。
ところが、引き取りに行く朝、センターから連絡があり「今朝になって直腸脱をおこしました」との連絡。
フレ吉15号と同じセンターでしたが、まさか・・・と思いつつ「どの程度ですか?」と聞くと「かなりひどいです」
とのこと。幸い、引き取りに行く予定のメンバーさんはフレ吉15号を預かってくれているメンバーさんなので
「とにかく引き取りに行きます」と連絡。
そして、引き取りに行ったメンバーさんから「フレ吉15号とほとんど同じ状態で高度医療センターかも・・・」と
連絡をもらいました。画像も送ってもらいましたが・・・出ている量はわずかに少ないような気がしますがほとんど同じ。診ていただいた獣医さんもやはりすぐに高度医療センターに連絡してくださり、そのまま向うことになりました。
診察していただき「もうほとんどフレ吉15号くんと同じ状態です。こんなひどい直腸脱はフレ吉くんとこの子の2例目です」と先生苦笑していました。
先生のご好意でそのまま即手術することになりました。
14a.jpg

またまた長時間の手術の後に手術が成功したこと、検査の結果腸内疾患があることなどをうかがい、
麻酔から醒め切らないフーコ14号に面会して一安心して帰路につきました。
一週間くらいして、フレ吉15号の診察の後に面会してきた時にはだいぶ落ち着いてきていて
「フー子ちゃん食糞するんですよ~」と看護士さんがいうくらい元気になっていたので
安心していたのですが、腸内疾患の治療をはじめようとした頃から嘔吐と下痢が続き食事がまったくとれなくなりました。先生方も考えられる検査、治療をしてくれていたのですが原因がつかめず、一時は危険信号もともり電話にドキドキする日が続きました。が、先生方のおかげで嘔吐が止まり、食事を採れるようになり一安心したのですが、
下痢が止まらず腸が栄養を吸収してくれない状態に・・・
保護時は8kg強あった体重が一時は5.7kgまで落ち込んだそうです。
医療センターの先生とも相談し、今は何とか6kgで下げ止まったこと、点滴もはずれ食欲もあること、
ウンチの世話は大変だけれど今の状態ならば入院しなければできないことはないこと等等で
5月10日に一旦退院しました。けしていい状態とは言えず、やせ細って美人さんだったお顔も頭蓋骨がさわってわかるほどになっています。お薬もステロイドを始め9~11種類。食事を採らなくなったら即医療センターへ・・・という状態です。
14b.jpg

でも、彼女はがんばっています。私たちもそのがんばりをできる限り応援したいと思います。預かりさんの所に移動して体重が150g増えました。たった150gも今は喜びです。
少しづつでいい薬が効いて栄養を採れるようになって薬を少しづつ減らせるようになって・・・
フレ吉15号のように元気になっていってほしい!と願っています。
フレ吉15号は皆さんの応援でトライアルにいけるまで元気になることができるようになりました。どうぞもう一度、一生懸命生きようとしている「フー子14号」も応援していただければ・・・と思います。そして、いつか「様子見保留中」を「里親募集中」になれたらいいね、フー子。
皆さん、どうぞよろしくおねがいいたします。

「フー子14号」の医療費はみなさんからお預かりしました「フレ吉15号基金」を使わせていただきましたことを
ご報告させていただきます。
                   ふがれす代表 とらお

この記事へのコメント
119. じぇろにも   URL  2010/05/17 12:03 [ 編集 ]
こんなひどい状態になるなんて、どんな飼育環境だったのか・・。
フレ吉15号と同じ千葉での保護ということ、同じ悪徳ブリーダー放棄犬でしょうか。
劣悪な環境で生ませるだけ生ませて、お金を儲け、病気になったら保健所へ、それをボランティアの団体さんや個人の方が貴重な時間とお金を割いて救う・・。
業者にはなんのペナルティもなく、次から次へ新しい子を繁殖用に使い、また保健所へ。
本当に腸が煮えくりかえります。
この状況を根本的に変えるには、やはり法改正しかないのでしょうね。
預かりさん、お世話本当に大変と思います。
頭がさがります。ありがとうございます。
フレ吉15号のためにみなさんから集まった浄財、1頭でも多くの子の救済に使っていただければと思います。
122. aki   URL  2010/06/08 23:26 [ 編集 ]
ずっと様子見になっていたのでその状態が知りたかったのですが、こうして書かれていることを今日になって発見しました。フーコが頑張っていること、少しだけ上向きになっていることがわかってほっとしています。じぇろにもさんも書かれていますが、どうしてこんなこたちが次々とでてきてしまうのでしょうか?
こうして救われているこたちの他にもまだ同様に苦しんでいるこがいるのでしょうか?心が痛いです。
今回もPOOママさんがお世話してらっしゃるようですが、大変ですね。お疲れさまです。
どのこたちも元気で幸せに暮らしていけることを願っています。
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふがれすスタッフ

Author:ふがれすスタッフ
ふがれすHP内はリンクフリーで報告等は特にいりませんが、TOPページ以外は内容を予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

問い合わせ先は→コチラ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード