ふがふがれすきゅーくらぶスタッフから皆さんへのお知らせです。
【フレ吉15号、その後の経過】
すっかりご報告が遅くなりました。
皆さんからたくさんの応援をいただきました「フレ吉15号」のその後を
ご報告させていただきます。
1月21日に6時間にわたる大手術を乗り切った「フレ吉15号」ですが、その後、週に1回くらいの割合で
預かりをしてくれているPOOママさんと一緒に松戸から川崎の医療センターまで通っていただいています。
(本当にPOOママさん、ありがとうございます!)
退院して当初は出血がなかなか止まらなかったり、細いウン○を一日十数回繰り返すなど
なかなか安定してくれず、どうも体内の「治そう!とする力が強く、体内の接合部分から肛門にかけて狭くしてしまっているため、ウン○が細くなり、回数が多くなり、結果しぶりが起こって出血という現状」との説明を先生にしていただきました。
前々回の診察の時には、「このまま狭くなる速度が速いようなら再度1週間くらい入院して、毎日ゆっくり肛門を広げる
方法、もしくは内視鏡でバルーンを入れる方法などを検討しましょう!」とのことでした。
が、2月25日に診察していただいたところ、
「いいですね~、ちょっとずつ肛門も広がってきていてこの分なら入院しなくても、大変ですけど後3回から4回
週一で来て処置すればきっと安定しますよ」とのうれしい結果。
私たちももちろんうれしかったのですが、
「連れてこられたときには、本当にこんなにうまくいってくれるとは思えませんでしたから・・・
本当にこんなに元気になってくれてうれしいですね~」
と担当の先生が一番うれしそうでした。
一時はずっとオムツがはずせない、もしかしたら一生下痢との生活かも・・・との診断でしたし、
常に感染症の不安が付きまとった1ヶ月でした。
ただ、フレ吉15号が大好きな先生は毎週肛門に指を入れなければならないので嫌われそう・・・とブルーになってました(笑)。
フレ吉15号、こんなお茶目なお顔になりましたよ。
当初の画像とは全然表情が違います。これも皆さんのご協力のおかげです。
フレ吉15号に代わり御礼申し上げます。
先日の診察の帰りに我が家に寄ってくれたのですが、我が家のワン軍団にあっという間に馴染み、
ふつうにヒーター前でぬくんでいたフレ吉15号でした。
彼にとって、今年の春は格別な春になることと思います。
fure15b.jpg
この記事へのコメント
105. aki   URL  2010/03/02 14:51 [ 編集 ]
私は遠くから祈るしかできませんでしたが、15号くんがこんなに元気でかわいい表情になって、うれしい限りです。POOママさんをはじめ、支えてらっしゃるみなさん、本当にお疲れまです。いいニュースですね。ありがとう。
106. うーすけ   URL  2010/03/03 21:02 [ 編集 ]
私も遠くから祈るだけの日々ですが、とにかく可愛い
ブヒたちですから、フレ吉君も我が子と同じ気持ちで
必死で回復を祈っていました。
本当に可愛い穏やかな表情のフレ吉君に驚いています。支えてくださった沢山の皆様、有難うございます。本当に嬉しいです。
108. ぼてまま   URL  2010/03/05 13:04 [ 編集 ]
フレ吉くん、今年の春は暖かい素敵な春になるね。
フレ吉くんの笑顔に癒されました。
良かったね。本当に嬉しいね。
フレ吉くんを支えて下さった全ての方に、ありがとうございます。
私は今回の事で初めて行動に移す事ができました。(少ない募金ですが。。。)
今後も自分に出来る範囲で、協力していこうと思いました。
110. り~か~   URL  2010/03/09 22:57 [ 編集 ]
元気に退院が出来て 本当に嬉しいです。
よく頑張りましたね。
褒めてあげたいです。
お疲れ様でした。
いい家族に出会えることを願います。
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふがれすスタッフ

Author:ふがれすスタッフ
ふがれすHP内はリンクフリーで報告等は特にいりませんが、TOPページ以外は内容を予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

問い合わせ先は→コチラ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード